着床前検査(PGS / PGT-A)

染色体に異常のない胚を 子宮に戻すことで出産率が向上します(日本国外の検体のみのお取り扱いになります)

Scroll Down

概要

  • PGS(PGT-A)検査は、胚の染色体数を調べるための遺伝学的検査です。
  • 本検査は、胚を子宮へ移植する前に行います。
  • 体外受精によって得られた全ての胚を調べることで、染色体数に問題がない可能性の高い胚から子宮へ移植することができます。
  • 結果として、流産率を減少させ妊娠率を高めることが可能です。

     

    本検査は、日本産婦人科学会の指針により、日本国内の病院・クリニックでは行われておりません。ただし、弊社では日本国外の検体の取り扱いはございます。

img_cercle-08.png

利点

Image
胚移植毎の妊娠率を向上させます

遺伝的リスクの高いカップルに対し遺伝子疾患のない赤ちゃんが授かる可能性を最大限にします。

Image
流産率の減少

一般的に胎嚢が確認された臨床的妊娠の25%は流産になると言われています。

 

Image
元気な赤ちゃん

染色体に異常を伴った胚の妊娠では、 時おり重い障害をもった赤ちゃんが生まれる場合があります。

Image
時間とコストの削減

妊娠に至るまでに必要な時間とコストを削減します。

Image
多胎妊娠リスクの減少

多胎妊娠を避けることで母子ともに低リスクでの 妊娠・出産へと繋がります。

According to internal data and several independent clinical studies, selecting normal embryos might increase the pregnancy possibilities after transfer.

PGS-graphic-1

In the general population, 25% of all clinical pregnancies end in miscarriage and almost half are chromosomally abnormal.

Therefore, especially in high-risk groups, the PGS reduces the risk of misscarriage.

PGS-graphic-2

The PGS increases the possibility of having a healthy baby, as it allows chromosomally normal embryos to be identified.

The mean theoretical time to achieve a LB (weeks) decreases from 14.9 to 7.7 weeks with PGS (1)

PGS-graphic-4

PGS helps to avoid repeating cycles of assisted reproduction and can help to reduce the number of multiple pregnancies performing by supporting single embryo transfer

img_cercle-004.png

検査対象者

  • 対象年齢: 35歳以上
  • 反復流産: 2回以上の流産経験者
  • 生殖補助医療(ART): 2回以上の生殖補助医療行為を行っているが妊娠経験がない方
  • 男性因子: 精子濃度が500万/mLより少ない方
  • 染色体異常を伴った妊娠の経験: 生殖補助医療を行っている中で、一度でも染色体異常の妊娠を経験したことがある方

テクノロジー

当社は、最先端の技術である次世代シーケンサー(NGS)を用いてPGS検査を行っています。

  • 染色体の異数性およびモザイク胚を検出することができます。
  • 新鮮胚でも凍結融解胚でも移植の時期に間に合うように、結果を素早くご報告します。
  • 新しい診断の可能性があるMitoscoreとの同時検査が可能です。

当社の技術は46本の全染色体を解析することができ、99%以上の検体において最短12時間以内に結果を提供することが可能です。

img_cercle-09@2x.png

検査方法

pgs.png

参考文献

PGS publications

PGS 関連書類(英文)

170803-descargable.pngPGS Specialists Brochure

1: Rubio et al: In vitro fertilization with preimplantation genetic diagnosis for aneuploidies in advanced maternal age: a randomized, controlled study.
Fertil Steril. 2017 May;107(5):1122-1129.

2: Rubio et al: Preimplantation genetic screening using fluorescence in situ hybridization inpatients with repetitive implantation failure and advanced maternal age: two randomized trials.
Fertil Steril. 2013 Apr;99(5):1400-7.

3. Yang Z, Liu J, Collins GS, Salem SA, Liu X, Lyle SS, et al. Selection of single blastocysts for fresh transfer via standard morphology assessment alone and with array CGH for good prognosis IVF patients: results from a randomized pilot study.
Mol Cytogenet 2012 May 2; 5(1):24.

4. Coates A, Kung A, Mounts E, Hesla J, Bankowski B, Barbieri E, Ata B, Cohen J, Munné S. Optimal euploid embryo transfer strategy, fresh versus frozen, after preimplantation genetic screening with next generation sequencing: a randomized controlled trial.
Fertil Steril. 2017 Mar;107(3):723-730.e3.

5. Coates A, Bankowski BJ, Kung A, Griffin DK, Munne S. Differences in pregnancy outcomes in donor egg frozen embryo transfer (FET) cycles following preimplantation genetic screening (PGS): a single center retrospective study.
J Assist Reprod Genet. 2017 Jan;34(1):71-78.

実績

当社は、信頼ある高品質な結果を提供することで、
医師と患者様の両方に対し検査全体を通してサポートいたします。

60,000

胚検査 /年間

12,000

IVFサイクル /年間

遺伝学分野における

20

年以上の経験

99%

精度

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。 詳細についてご案内いたします。

お問い合わせ

Igenomix is in the media

Igenomix is not affiliated with any news outlet or publication identified above. News coverage does not constitute an endorsement of Igenomix or its products.