単一遺伝子疾患に対する 着床前診断(PGD)

遺伝子疾患家系のリスクを抱える カップルを対象とした着床前診断です

Scroll Down

概要

  • 嚢胞性線維症、脆弱X症候群、ハンチントンなどのような単一遺伝子疾患の家族歴を有するカップルが対象になります。
  • 子宮に戻す前の胚を用いて生殖補助医療(ART)の一環として行われます。
  • 単一遺伝子疾患のない胚を選択することができます。

 

img_cercle-02.png

利点

Image

遺伝的リスクの高いカップルに対し、 遺伝子疾患のない赤ちゃんが授かる   可能性を最大限にします。

Image

同じ生検検体から PGDとPGSを行うことができます。

Image

ほとんどの単一遺伝子疾患について  検査することができます

遺伝子疾患のリスト
Image

300種以上の遺伝子疾患に対してPGD検査が開発されています。

検査方法

PGD.png
img_cercle-04@2x.png

テクノロジー

アイジェノミクス社はPGD検査に最先端技術を使用しています。

  • 精度の高い結果を保証いたします。
  • 特定の疾患を引き起こす遺伝子変異を直接検出するために PCRとDNAシーケンサーを用いています。
  • 病気の原因となる遺伝子に繋がるSTRマーカーを見つけ出すためにPCRを用いて、連鎖解析を行っています。
  • 複数の検出方法により、結果が出ないこと、または対立遺伝子の欠落(ADO: Allele drop-out)による誤診の可能性を最小限にしています。
  • 当社のPGD検査は、98〜99%の精度を誇ります。

 

PGD関連書類(英文)

実績

当社は、信頼ある高品質な結果を提供することで、 医師と患者様の両方に対し検査全体をサポートいたします。

300

種類以上 疾患リスト

2,500

サイクル

20

年以上積み重ねた
遺伝学の知識と経験

98%

精度

お問い合わせをお願い致します

お問い合わせ

メディア掲載情報

Igenomix is not affiliated with any news outlet or publication identified above. News coverage does not constitute an endorsement of Igenomix or its products.