15 5月 2018

【BABY COLORS】着床の窓を特定するERA(エラ)検査とは?最適な胚移植の日を明らかにする最新検査

今回は比較的新しい不妊治療における検査方法であるERA(エラ)検査についてです。子宮内膜には着床可能な時期(着床の窓)があります。その時期は個人差があるため、窓が閉じている時期に胚移植をしても着床しないことがあります。その着床の窓が開いている時期を特定するERA検査についてご紹介します。

最近の記事

【BABY COLORS】着床の窓を特定するERA(エラ)検査とは?最適な胚移植の日を明らかにする最新検査

今回は比較的新しい不妊治療における検査方法であるERA(エラ)検査についてです。子宮内膜には着床可能な時期(着床の窓)があります。その時期は個人差があるため、窓が閉じている時期に胚移植をしても着床しないことがあります。その着床の窓が開いている時期を特定するERA検査についてご紹介します。

15 5 2018

【産科と婦人科】ERAは診断と医療専門の雑誌に掲載されました

2018年 Vol.85 No.3 2018-02-19  特集9 子宮内膜着床能診断  著者:久須美真紀先生、藤原敏博先生、堤治先生

22 2 2018

【Yahoo News】体外受精、子宮内膜を検査…着床に最適な時期計る

今では国内で年間42万件行われる体外受精。近畿地方の女性Aさん(38)は受精卵を子宮に繰り返し移植したが、うまく着床しなかった。そこで2016年に着床に最適な時期を調べる検査を受けたところ、一般的な移植時期の「黄体ホルモン投与から5日目」より、1日遅いほうが可能性が高まるとの結果が出た。(竹井陽平)...

22 2 2018

【読売新聞】知りたい!体外受精、子宮内膜を検査…着床に最適な時期計る

今では国内で年間42万件行われる体外受精。近畿地方の女性Aさん(38)は受精卵を子宮に繰り返し移植したが、うまく着床しなかった。そこで2016年に着床に最適な時期を調べる検査を受けたところ、一般的な移植時期の「黄体ホルモン投与から5日目」より、1日遅いほうが可能性が高まるとの結果が出た。(竹井陽平)

20 2 2018

【ルナルナ】『不妊治療最前線』妊娠できる可能性が25%向上!?注目の“ERA検査”とは?

20人に1人が体外受精で生まれている!日本の不妊事情 ルナルナ編集部で何度も取り上げている、「不妊」の問題。 まずは簡単に、日本における不妊・不妊治療の実態をおさらいしましょう。 日本産婦人科学会では、「妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一年間妊娠しないもの」を不妊と...

20 2 2018

【毎日新聞】ERA検査が掲載されました

2018年(平成30年)1月4日(木)毎日新聞朝刊大阪版

20 2 2018

【読売新聞】ERA検査は掲載されました

2018年(平成30年)2月14日(水曜日) 夕刊読売新聞 医療と健康のページ

20 2 2018

我が社が基礎研究の本を出版しました

当社CSOのCarlos Simon及びResearch DirectorのCarmen Rubioが共著する本が出版しました。

13 2 2018

『妊活ラジオ〜先端医療の気になるあれこれ〜』第四回放送

4回目の今回もウィメンズクリニック本町 藤野院長を大阪からお招きし、これからの生殖補助医療(ART)についてお話しいただきます!

25 1 2018

カスタマーサポート

お問い合わせは、お電話、メール、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ

Igenomix is in the media

Igenomix is not affiliated with any news outlet or publication identified above. News coverage does not constitute an endorsement of Igenomix or its products.