着床前検査(PGT-A)

染色体の異数性検査を通して、 妊娠率の向上をサポートします(日本産婦人科学会のガイドラインを遵守します)

お問い合わせ
詳細はこちら
down_arrow

PGS

正常な染色体数を持った胚を優先して移植することは、妊娠率向上のために重要です

icon-01.svg

全染色体を調べます

icon-01.svg

最短12時間で結果報告が可能

icon-01.svg

99.9%以上の結果報告実績

icon-01.svg

遺伝学分野における20年以上の経験

最先端の生殖遺伝学検査サービス

概要

PGS検査は、体外受精胚から胚の一部について遺伝学的検査を 行い、妊娠成功率の向上を目的としています。

  • 胚を子宮へ戻す前にお調べいたします。
  • 染色体数に問題が認められない胚を子宮へ戻します。
  • 移植回数における妊娠率が大きく向上します。
  • 妊娠が成功するまでの日数が短縮されます。

    本検査は、日本産婦人科学会の指針により、日本国内の病院・クリニックでは行われておりません。ただし、弊社では日本国外の検体の取り扱いはございます。
two-col-image-1.png

本検査の対象となる患者様は?

  • 35歳以上の方
  • 2回以上の反復流産を経験している方
  • 体外受精に2回以上失敗している方
  • 精子側に問題がある方
two-col-image-1.png

利点

  • 流産の可能性が減少させます。
  • 移植回数あたりの妊娠率が向上します。
  • 妊娠に至るまでの時間とコストが削減できます。
  • 赤ちゃんを授かる可能性が上がります。
  • 着床不全が減ります。
Watch Now

検査方法

pgs.png

患者様の声

ママになる夢を叶えてくれました。

Read more stories

お問い合わせをお願い致します

お問い合わせ

メディア掲載情報

Igenomix is not affiliated with any news outlet or publication identified above. News coverage does not constitute an endorsement of Igenomix or its products.