遺伝子疾患保因者検査(CGT)

遺伝的疾患は、予防することが可能です

お問い合わせ
詳細はこちら
down_arrow

CGT

遺伝子疾患保因者検査は、生まれてくる子供が遺伝病に罹患するリスクを判断するのに役立ちます。

icon-01.svg

 

82%の人が、少なくとも1つの遺伝的変異をもっています 。

icon-01.svg

 

一人当たり平均2個程度の遺伝的変異をもっています。

icon-01.svg

 

カップルの5%に共通した遺伝子変異が見受けられます。

icon-01.svg

 

遺伝性疾患は、先進国の乳児死亡原因の20%を占めています。

最先端の生殖遺伝学検査サービス

概要

  • 遺伝子疾患保因者(CGT)検査とは、遺伝子疾患に関わる変異の有無を調べる遺伝子検査です。
  • もし両親が同じ遺伝子変異を持っている場合、その遺伝子疾患をもつ子供が産まれる可能性があります。
  • 妊娠を望む際に、カップルの共通の遺伝子変異を調べることで、産まれてくる子供が遺伝子疾患に罹患する危険性を判断するのに役立ちます。
Watch video
two-col-image-1.png

検査対象者

  • 自然妊娠の前に。
  • 生殖補助医療(ART)を受ける前に。
  • 精子または卵子の提供を受ける際の選択に。
two-col-image-1.png

利点

カップルが同じ遺伝子変異を持っていることが本検査で明らかになった場合、 健康な子供を授かる方法にはいくつかの選択肢があります。

  • 着床前遺伝子診断(PGD)
  • 出生前検査
  • 卵子または精子の提供
Watch Now

検査方法

cgt.png

患者様の声

“ママになる夢を叶えてくれました。"

Read more stories

お問い合わせはこちら

お問い合わせください。 詳細についてご案内いたします。

お問い合わせ

メディア掲載情報

Igenomix is not affiliated with any news outlet or publication identified above. News coverage does not constitute an endorsement of Igenomix or its products.